増えている

ウッドデッキのさまざまな進化

庭付きマイホームを手に入れたら庭にも凝りたくなります。芝生やウッドデッキなどが幼い頃からの憧れだった人も多いと思います。1980年以降に一般家庭の庭にウッドデッキが設置され始めました。それらの多くは大工さんが杉材で従来工法で施工し、オイルステン塗装されたものが一般的でした。その後2X4が採用され、材木もレッドシーダー材が主流になりました。杉材は3〜5年で腐食し、安価な塗装剤でその状況を悪化している状態でした。今では樹脂材で出来たウッドデッキが一般的になってきていて、木材と違い腐食しないので長持ちします。DIYで設置できるキットなども販売されていて、今後もウッドデッキは一般家庭に普及すると思います。

自分にあったものが既製品で見つけれます

ウッドデッキの普及に合わせて金額も以前に比べて安価になってきています。長持ちして設置費用も安価なら憧れのウッドデッキを持つ家庭は今後も増えると思います。ウッドデッキには耐久性に強いもの、本物の質感に近いものや夏でも表面が暑くなりにくい素材を使用したものといった機能性を含んだもの、エコな再生材を利用したものなど材質の種類も多様化してきています。特に環境に優しい再生材を利用したものについては今後、増えていくと思います。ウッドデッキというと洋風なものを想像します。しかし縁側に似た和風のようなものもあります。既製品のものもデザインが豊富になってきています。天候に左右されることなく利用できるように屋根を付ける人も増えています。